女の人

化粧水で毛穴ケアをする【スベ肌のつくり方】

成分と効果

洗顔

洗顔石鹸はどれでも効果があると思っている人が多く、特にこだわりをもって選ぶ人はあまりいません。しかしながら、成分に注目して選ぶとその効果を十分に得ることができます。たとえば、天然成分にこだわることが挙げられます。乾燥肌、敏感肌、潤いがある肌など肌質は人によってさまざまです。そうした肌質とは関係なく効果があるのが天然成分の洗顔石鹸なのです。使用してみると、添加物入りのものと明らかに違いが現れます。それは、泡の粘度です。粘度が高くて落ちにくいものが多いです。ちなみに、弱酸性の洗顔石鹸は石鹸ではありません。石鹸というのはすべてアルカリ性です。また、擦りすぎには注意が必要です。肌荒れの要因になることがあるからです。

洗顔石鹸は洗顔を目的としてつくられているものです。洗顔の目的とは、汚れや皮脂を洗い落とすことにあります。それによって、肌のターンオーバーを促進させて肌トラブルを回避することができるのです。つまり、肌本来の力を回復させることができるというわけです。なぜ、このようなことが可能なのかというと、洗顔石鹸の成分に秘密があります。洗顔石鹸のアルカリ性によって肌にハリが出るようになるのです。弱酸性の洗顔石鹸を使用していると、肌にハリが現れません。なお、皮脂を落としすぎないことも重要です。洗浄力を高める成分である合成界面活性剤の量が多すぎると、必要な皮脂まで失われてしまいますので注意が必要です。